原爆忌

c0201878_5431773.jpg
c0201878_5434049.jpg

c0201878_695454.jpg

昨日テレビで『ひろしま』という原爆の映画があることを知りました。
7月に広島でも上映があったようです。
たくさんの実際に被ばくした方がエキストラとして
後世に伝えるためにと作られた映画。
見てみたいと思いました。

手話サークルで原爆の碑の通訳をして勉強するという
活動をしていましたが、それもなくなりました。
だんだん自分自身をみても、思いがうすれているのが
わかります。
忘れないこと、伝えていくこと
改めて大切だなと思う今日です。
[PR]
by syokora36 | 2013-08-06 06:10 | いろいろ | Comments(2)
Commented by 長友 at 2013-08-07 19:12 x
息子が幼稚園の年長さんの時に広島に
連れて行きました。
原爆資料館で焦げたお弁当箱やコンクリの
階段に残された焼け跡を見て涙を流していました。
帰ってから先生に泣きながら説明してたそうです。
今、大人になってもあの時の気持ちを思い出すと
言ってます。
Commented by ブータン at 2013-08-08 08:02 x
長友さん
原爆資料館に来られたことがあるんですね。
息子さん、そんな幼い年齢でお弁当箱や焼跡をみて
悲惨なものを感じ取ったんですね
なんて、やさしい息子さん(/_;)
平和公園の建物大分変わりました。
近代的になった感じ。
でも、わたしも、昔の資料館で初めて見た
ショックをいまだに忘れません。
<< ありがとう 夏木立 >>